バイテックグローバルジャパン採用サイト

ENTRY

誰を幸せにする仕事なのか?それが明確だからこそやりがいがあります。

「入れ歯の会社」で働くって、ほとんどの方にはイメージがつかないかもしれません。それだけ「入れ歯」とは多くの方には身近にはない存在です。
しかしその「入れ歯」を使うということは、みなさんの祖父母の今、親の近い将来、みなさんご自身の遠い将来でもあります。
ただ、日常の中で入れ歯の話をしないだけで、実はみなさんの身近にある、生活を支える大事なものなのです。
そして多くの入れ歯利用者は痛くて噛めなくて困っていらっしゃいます。
そして超高齢社会の日本のみならず、世界も急速に高齢化が進んでいます。

どうでしょう。やるべきことが見えてきませんか?

より良い「入れ歯」を提供する社会インフラを構築する

「入れ歯」という分野があるいわゆる「歯科業界」は医療分野だからこそ多くの規制や制度があります。それらの規制や制度は国民の身体を守る医療ですから当然です。
しかし逆にそうした「縛り」に守られた業界全体が旧態依然としてしまっている側面も否めません。だからこそ、「これまでの常識に囚われずに新しい価値の創造」の思考と行動をもってして、これまで以上により良い「入れ歯」を提供する社会インフラを構築することには大きな意味と価値があると考えています。

他の人が気づいていない大事な仕事がここにはあります

馴染みがない業界、馴染みがない「商材」だからこそ、他の人が気づいていない大事な仕事がここにはあります。そして「食べられなくて困っている方」を「なんでも食べられるようにする」という、とてもわかりやすく、喜んでいただける仕事だからこそ、大きなやりがいをもって挑むことができます。
そんな入れ歯屋の仕事とはどんなものなのか、その一端をこのサイトから知っていただけたら嬉しいです。

代表取締役鷲巣 祐介