バイテックグローバルジャパン採用サイト

募集要項

歯科衛生士 中途入社5年目 久保 葉子

患者さんを笑顔に出来ると確信しています

義歯について専門知識を学びたい。

私がこれまでに勤めていた歯科医院は高齢者が多く、義歯の悩みを抱えている患者さんを数多く診てきました。
勤務していた歯科医院は全て保険診療でしたので、出来る事は限られており、なかなか義歯の痛みが消えない患者さんに対して、最終的には「慣れてもらうしかない」「これ以上は調整が出来ない」と伝えてきました。
そんな毎日を過ごす中、何か改善策はないかと考えていた中で「入れ歯専門」の歯科医院がある事を知り興味が湧き「自費」のみも診療もとても魅力的で、義歯について専門知識を学びたい。義歯で悩んでいる患者さんを救いたいと思い入社を決めました。

患者さんに寄り添うことで信頼が生まれる

入社当時は、多少は義歯の知識があるつもりでしたので、アシスタント業務はさほど支障がないだろうと思っていましたが、ここでは義歯の型取りから全ての過程が今までの保険診療とは違い、衝撃を受けた事を今でも覚えています。
義歯について学んでいくなかで、作製した義歯を快適に長く使ってもらうには、鈎歯となる歯や残存歯をより長く持たせる必要があると感じましたが、自費診療ということもあり、“歯のクリーニングは保険で“という患者さんが多く、初めの頃は数人程度の患者さんしか診る事が出来ませんでした。
そのような環境で、「入れ歯専門」の歯科医院で働く衛生士の役割を考えるようになり、大事なのは患者さんとしっかり向き合い、どう寄り添っていくか?だと気づきました。
より快適に義歯を使用していただく為に、口腔内診査をし、検査結果をもとにDrと相談し、患者さんの希望に合わせて歯周病の治療に取り組むことをはじめました。
一人ひとりの患者さんとしっかりと時間を取り、歯周病治療で痛みを与えないよう注意して、細かく丁寧に説明をし、悩みや希望を聞き出しながら納得して治療をうけていただく事を大切に対応した結果、保険と自費の違いを理解してくださり、義歯治療が終わっても歯周病治療に通ってくださる患者さんが増え、今では三ヶ月に一回のペースで定期的にメンテナンスに来院していただけるようになりました。
なかには、義歯ではない患者さんのご家族も歯周病治療で来院いただけていて、とても衛生士冥利に尽きます。
患者さんとこうした信頼関係が得られるのも、義歯を製作するにあたり患者さんの気持ちになって寄り添い、治療以外の部分のバックグラウンドを分かり合える事により生まれるものではないでしょうか。

患者さんを笑顔に出来ると確信しています。

高齢化社会が進む中、これからもっと義歯で悩む患者さんが増えてくるはずです。Dr、カウンセラー、技工士、衛生士、それぞれが義歯のスペシャリストだからこそ、患者さんを笑顔に出来ると確信しています。
そんなプロ集団の集まりがここです。その中で一緒に働ける事、学べる環境にいる事を嬉しく思うと同時に誇りに思います。
日々患者さんと真摯に向き合い、経験や知識、技術を更に向上させ、一人でも多くの「入れ歯利用者を幸せに」「笑顔に」していきたいと思います。

同じ目標に一緒に向かっていければいいなと思います。

どんな職種においても、チームプレーは大事です。
思いやりをもってお互いに切磋琢磨し合える環境をつくることができ、
同じ目標に一緒に向かっていければいいなと思います。